テレワークおすすめJabra Elite 85tマイク性能とANC(ノイズキャンセリング)設定

ヘッドセットメーカーのJabra Elite 85tを購入
目的は音楽 12mmの大型ドライバーで大迫力の音圧を楽しめる

しかしマイクの性能もクリアで通話品質すばらしい

Jabra Elite 85tがテレワークにおすすめな理由について紹介

【関連記事】「ジャブラ(jabra)elite85tレビュー」5つの特徴 ANCと音質が素晴らしい

「ジャブラ(jabra)elite85tレビュー」5つの特徴 ANCと音質が素晴らしい
ジャブラ elite85tを購入して使ってみたレビューと感想 はじめに ワイヤレスイヤホン以前使っていたJabra Elite 65tを紛失してしまったためビッグカメラの有楽町で新しくワイヤレスイヤホンを購入。 AppleのA...

Jabra Elite 85tのマイク性能と音質が素晴らしい

テレワークで使うイヤホンのポイントは以下の2点に集約されると思います。

  1. 「どれだけマイクの音が明瞭でクリアに聞こえるか」
  2. 「どれだけ周囲の雑音をカットできるか」

この2つは相反するものなのでなかなか難しいのですがJabra Elite 85tが見事に解決してくれた感があります。

Jabraはもともとヘッドセットのメーカーでその技術には定評があります。
Jabra Elite 85tは前任機種の6mmから2倍の12mmの大型ドライバーで音量音質そして音の広がりも大きく進化し音楽用のイヤホンとしても高く評価されています。

そして Jabra Elite 85tは音質にとどまらずマイクの性能と外音をうまくカットできる2つのモードを実装することでテレワークで行うweb会議などのビジネスシーンでおすすめのイヤホンとして評価されていまう。

Jabra Elite 85tをテレワークでおすすめする理由

オフィスの自席からリモートミーティングに参加するとどうしてもマイクがオフィスの雑音を拾って増幅させた状態で耳に入ってしますので、自分も相手側も気になってしまいますよね。

また、話すたびにマイクのオンオフをしたのでは会議に集中もできません。
そこでご紹介したいのがJabra Elite 85tのマイク性能+ANC(ノイズキャンセリング)機能です。

マイクのクリアで鮮明な音かつ、外部の音の消去という一見矛盾するこの問題をJabra Elite 85tはマイクの性能とANC(ノイズキャンセリング)そしてHearThrough(外音取り込み)で解決してくれました。

  1. 非常にクリアな通話
  2. マイクの性能を十分活かせるANC(ノイズキャンセリング)
  3. HearThrough(外音取り込み)が自然

それでは、Jabra Elite 85tのこれらの機能についてご紹介しましょう。

jabra elite 85t は6マイク仕様で非常にクリアな通話ができる

6マイクを搭載して性能がアップ

ANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)機能で外の音が気にならない

ノイズキャンセリング機能は単なる耳栓のように外部の音を塞ぐのではなく
ノイズと逆位相の音波をイヤホンで電気的につくりだして同時に流すことで消す技術です。

Jabra Elite 85tはイヤホンの外側と内側にマイクを搭載することで以下の2つのノイズキャンセリングを同時に可能にしています。

  1. フィードフォワード方式
  2. フィードバック方式

フィードフォワード方式
外側にマイクを配置して外部のノイズを集音し逆位相の音波で消す

フィードバック方式
ヘッドホンの内側にマイクを配置して
外部の音の再生音と外部のノイズ両方を集音し逆位相の電波で消す

Jabra Elite 85tのANC(アクティブ・ノイズキャンセリング)性能の良さはこの2つのノイズキャンセリング方式が同時にできることにあります。

このANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)機能とマイクを使えば、騒がしいオフィスのなかでもBGMの流れるカフェのカウンター席でも外部の音はほとんど消去され自分の声が鮮明に聞こえる状態で会議を行うことが可能になるのです。

※ちなみに音楽用として買ったJabra Elite 85tはビッグカメラの有楽町店内で実際周囲の音をどれくらいキャンセルできるかをテストして買ったのですが、それは秀逸でした。

家電店のBGMや人の雑踏をものともせず、迫力ある鮮明な音を聞かせてくれました。Jabra Elite 85tの決めてはやはり音の良さとその音を最大限に活かしてくれるANC(アクティブ・ノイズキャンセリング)機能です。

またアクティブノイズキャンセリングに強弱をつけたい場合は
専用アプリのホーム画面から調整可能です。

自然なHearThrough(外音取り込み) 機能

また、ノイズキャンセリングをするほどでもない場所であればHearThroughモードがおすすめです。
HearThroughモードに切り替えると、必要以上に増幅されることもなく周囲の音がかなり自然な音質で耳に流れ込んできます。

これだとイヤホンしていることを忘れてモバイルでの会議に集中できます。まさにネットで会議をしている感覚ではなくリアルで話しているような感覚になりますのでANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)機能よりいいかもしれません。

HearThroughモードもANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)と同じく
アプリで取り込み強度の調整が可能です。

jabra elite 85t マイクの設定方法

jabra elite 85t のマイク音量調整

マイクをミュート

Jabra Elite 85tは通話中のミュート機能も備わっていて、イヤホン本体のボタンカスタマイズでミュート ON/OFFを割り当てることもできるのが非常に便利です。

HearThroughモードの調整

アクティブノイズキャンセリングの調整

 

jabra elite 85t は「Jabra Sound+」という専用アプリで音質やノイズキャンセリングの調整が可能です。

1. バッテリー残量表示【イヤホン本体と充電ケースの】
2. イヤホンを外した時の音楽一時停止機能ON/OFF
3. イヤホン本体ボタンのカスタマイズ割当
4. イコライザーによる音質の調整
5. HearThroughモードの調整
6. イヤホンを探す機能(紛失時)

 

まとめ

もともとはその音質の良さとANC(=アクティブ・ノイズキャンセリング)で通勤時の音楽鑑賞用に買ったJabra Elite 85tですが、コロナ禍で通勤も減ったことで今はテレワークでは無くてはならない存在となっています。

多少、騒がしい家の中やカフェ、そしてオフィスで会議室が散れなかった場合でもJabra Elite 85tがあればノイズを気にせずに使うことができます。

一度、検討してみてもいいかもですね。

タイトルとURLをコピーしました