「ジャブラ(jabra)elite85tレビュー」5つの特徴 ANCと音質が素晴らしい

ジャブラ(jabra)elite85tレビュー購入レビュー

ジャブラ elite85tを購入して使ってみたレビューと感想

はじめに

ワイヤレスイヤホン以前使っていたJabra Elite 65tを紛失してしまったためビッグカメラの有楽町で新しくワイヤレスイヤホンを購入。
AppleのAirPodsや(SONY)のワイヤレスイヤホンも検討してみましたが、Jabra Elite 65tも非常に良かったのと、ビッグカメラの店員さんのJabraおすすめもあって次世代のJabra elite85tを購入してみました。

ジャブラ elite85tのレビュー記事の内容

・12mmの大型スピーカードライバーで高音質
・ANCノイズキャンセリングの進化
・マイク機能の向上
・操作しやすい
・ワイヤレス充電に対応

ジャブラelite85t特徴とレビュー

Jabraはデンマーク・コペンハーゲンにある電信会社として150 年の歴史のあるGNグループが製造販売。オーディオとビデオのブランドとしてビジネス向け、医療向けなどのサウンド機器を開発販売しているのメーカーです。
会社の会議室に備えてある業務用のスピーカーもJabra製でした。

▼ジャブラ(jabra)elite85の特徴

・音質が向上 12mmの大型スピーカードライバー
・ANCノイズキャンセリング機能が素晴らしい
・通話もクリアで使いやすい
・物理ボタン操作でワンタッチ
・ケースがワイヤレス充電に対応した

Jabra Elite 85tのパッケージ

Jabra Elite 85tのパッケージ

こちらが購入したJabra Elite 85tのパッケージと同梱品

Jabra Elite 85tのパッケージと同梱品

Jabra Elite 85tイヤホン本体とケース

Jabra Elite 85tの梱包品

・ケース
・Jabra Elite 85t【左右】
・イヤーチップ(S・M・Lの3サイズ)
・充電用のUSB-A to Cケーブル

Jabra Elite 85tのパッケージ裏

 

充電アダプタは付属していません。ワイヤレス充電も可能なのですがUSBのアダプタはiPhoneのアダプタで兼用しています。

ジャブラelite85tを実際に使ってみた感想は

 

Elite 75tの後継機種なので65を使っていた私に取っては次次世代のワイヤレスイヤホン。実際に使ってみて音質やノイズキャンセリングそしてペアリングのしやす、ワイヤレス充電など随分進化したことを実感しました。

jabra elite 85tの音質

Jabra Elite 85tの12mmスピーカー

ビッグカメラで聴いたところ12mmの音質は非常に素晴らしいものでした。音が立体的、広がりのある音質でボーカルなどの定位置がよくわかり音の臨場感がすばらしい。

そしてドライバーサイズ12mmでベースやドラムのバスドラなどの低音が重厚になっていて以前持っていたJabra Elite 65tの6mmと迫力が全然違います。

Jabraは価格的にはもうワンランク上の商品があったのですがそちらは通話機能を中心に設計されていてスピーカー部分は7mm。
Elite85tの12mmの音質には及びません。Elite 75tと比較してドライバーサイズが6mm → 12mmと大型化したことで音質面での進化に驚きです。

アクティブノイズキャンセル (ANC)

またANC(アクティブノイズキャンセル )というノイズキャンセリングが素晴らしくビッグカメラの雑踏の中でも音質はそのままで周りの音をうまく消していい音で再生してくれます。

以前購入したJabra Elite 65はノイズキャンセリング機能はありませんでした。
(当時はノイズキャンセリングすると音質が悪くなる機種が多かったですね)

またJabra Elite 75tに関してはノイズキャンセリングの評判はイマイチだったようです。しかしjabra Elite85のANC機能に関しては非常にいい感じです。実際通勤の電車の中でもこのノイズキャンセリング機能は重宝しています。

jabra elite 85t マイク性能

jabra elite 85t マイク性能のアップで通話音質の向上
左右3個の合計6マイクを搭載しています。
確実に声をマイクが拾ってくれるますし、周囲の雑音をカットも良好。実際1時間位の歩きながらの通話や電話も問題なく出来ました。

Jabraは通信音声機器や業務用のヘッドセットメーカーなので聴くだけのオーディオメーカーと比べても話す方のマイク性能には定評があります。

jabra elite 85tの通話コントロール機能
音楽を聞いているときの通話はワンタッチで操作可能です。左または右のボタンを押す ことでマイクを使った通話への応答と解除が出来ます。

アプリで調整できる機能を搭載
・HearThrough(外音取込機能)
イヤホンを外すことなくマイクが周囲の音を拾ってくれます。その状態で通話を続けることが出来ます。
・側音
通話中に自分の声が聞こえるようにする機能をイヤホンに追加できます。

物理ボタンがシンプルで使いやすい

jabra elite 85tの物理ボタンはイヤホンの左ボタンと右ボタンです。
このボタンを押すことだけで物理的にjabra elite 85tをコントロールして様々な機能を使うことが可能です。

jabra elite 85tの物理ボタンにはアプリを使って様々な機能を割り当てたり調整することが可能です。

ケースがワイヤレス充電に対応

Jabra Elite 85tはケースがワイヤレス充電に対応

写真はジャブラelite85tを電気スタンドのワイヤレス充電で充電しているところ。充電中の緑のランプが点滅しているのがわかります。

ジャブラelite85t充電がワイヤレスに対応。Qi対応充電器を使えば置くだけで簡単に充電してくれます。実際使っていてこれば便利です!とにかく面倒なUSBの接続も不要ですしその分、スマホ等の充電のタップやUSBが節約できます。配線も机周りもスッキリ。
このワイヤレス充電はおすすめです。
ワイヤレスで充電が可能になったためケースは少し大きくなっていますがコンパクトさは問題なしです。
ワイヤレスで充電にかかる時間はUSBよりも約1時間長く最長約 3.5 時間かかります。

充電方法は2通り

  1. USB-Cポート
  2. Qiワイヤレスで充電

USB-Cポートでフル充電に費やす時間は約2.5時間

また、バッテリー駆動時間は

  1. ANC使用時:最長5.5時間(ケース併用で25時間)
  2. ANCをオフ:最長7.0時間(ケース併用で31時間)

ANC使用時は電池持ちの時間が1.5時間ほど短くなるようですが、使用していない間はケースに入れておけば25時間も使えるのでバッテリー駆動時間は問題なしですね。

jabra elite 85t
新品価格¥22,000から
中古価格¥16,980から
実売価格25000円のjabra elite 85tの超お買得

Jabra 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング Elite 85t チタニウムブラック Bluetooth® 5.1 マルチポイント対応 2台同時接続 外音取込機能 専用アプリ マイク付 セミオープンデザイン ワイヤレス充電対応 最大2年保証[国内正規品]

ジャブラelite85tのイマイチなところ4つ

使ってみてイマイチな部分

・耳から落ちやすい
・ケースから取り出しにくい
・充電アダプタが付属していない
・取説がわかりにくい

1)耳から外れて落ちやすい

実際使っていて電車の中で耳からイヤホンが落ちることも。
おそらくイヤージェルが耳にあっていないのでしょうか、高価なものなので落として無くすと大変です。

M サイズのイヤージェルがあらかじめ取り付けられています。
イヤージェルを取り替える場合は楕円形の取り付け位置が一致していることを確認します。

イヤージェルを自分の耳に合わせましょう。また首を傾ける、下を向くなど不意に首を動かすとイヤホンが外れることもありましたのでこの点は注意したいところです。

Jabra Elite 85t用のTrueGrip Proなどを使用することで耳とのフィット感を高めることも可能です。

2)ケースから取り出しにくい

ケースに収めるとイヤホンがケーズにマグネットで吸い付いているようです。取り出すとき若干取り出しにくい感があります。

3)充電アダプタが付属していない

ワイヤレス充電が可能なのいいのですが、USBの電源アダプターが無いのはやはり困りますね。iPhoneのアダプターで対応していますが出来れば付けて頂きたいところです。

4)取説がわかりにくい

というか取説が付いていない。細かな取説はWebページで確認しましょう。(最近のデバイスの多くは紙の取説がないケースが多いのでWebで見れれば問題は無いと思いますが)file:///C:/Users/matsu/AppData/Local/Temp/Jabra%20Elite%2085t%20User%20Manual_JA_Japanese_RevA.pdf

使ってみて上記のおうな若干の改善点はありそうですが、しかし、この商品は絶対買得です。ここまでの商品は他社ではなさそうでうし、前機種のElite 75tから相当な進化を遂げている点も見逃せません。

ジャブラelite85tペアリング方法

ジャブラelite85tのiPhoneとのペアリング方法

実際、ペアリング接続も簡単です。前に持っていたElite 65tはペアリングボタンを長押しする必要がありましたが、ジャブラelite85tはボタンを長押しすることなく簡単にiPhoneやiPadのBluetoothの接続が出来ました。

また一度ペアリングすると両方のイヤホンを耳に装着することで、自動的に再リンクします。これもElite 65tより簡単になっています。

一度接続すると次からはケースから取り出すだけで簡単にペアリング

ジャブラelite85tペアリング手順

1. デバイスのBluetoothをオンにする
2. elite85tをケースから取り出して電源をオンにします。(または、左右のボタンを同時に 1 秒間長押しして、イヤホンの電源をオンにします。)
3. イヤホンの LED が青に点滅を確認(青色点滅しない場合は長押し)
4.この状態でデバイスのBluetoothを確認

画面にJabra Elite 85tが接続と表示されていればOK

ペアリング できない場合

ジャブラelite85tがペアリング出来ない場合

・接続先のデバイスを電源をオフにして再起動してみる
・接続先のBluetooth をオフにし、再びオンしてみる
・Jabra elite85tの電源をオフにして再起動してみる
・Jabra デバイスのファームウェアを最新バージョンにアップデート
・Jabra デバイスをリセット

ペアリング できない場合はJabraのHPのQ&Aを参照下さい。
https://www.jabra.jp/supportpages/jabra-elite-85t/100-99190701-98/faq/what-can-i-do-if-the-pairing-steps-are-not-successful

ペア リング 2 台 目はどうする

Jabra Eliteシリーズは8台までのマルチペアリングと2台のマルチポイント

ジャブラelite85tは複数台のデバイスをBluetoothでペアリングできます。

接続方法は1台目と同じです。複数のデバイスとの同時ペアリングできるので便利です!

ただし)9 台目のデバイスをペアリングすると、すでにペアリングされているデバイスの中で最初にペアリングされたデバイスに置き換えて登録します。
引用
https://www.jabra.jp/supportpages/jabra-elite-85t/100-99190700-98/faq/how-many-bluetooth-devices-can-i-pair-with-my-jabra-device

ジャブラelite85tのパソコンとの接続方法

windows 10

ジャブラelite85tのパソコンとの接続するには、まずパソコンのBluetooth機能を確認しましょう。Bluetooth機能が搭載されていればモバイルデバイスと同じ要領でパソコンと接続8ペアリング)が出来ます。

Windows10の設定ボタンからBluetoothとその他のデバイスをクリック

Windowsの設定の画面から

Bluetoothのプラスボタンを押してデバイスを追加します。

すると、同時にJabraの左右のボタンを長押し。BluetoothがJabraのデバイスをサーチして

iPhoneと同じ用に長押ししてWindows10にもペアリング接続できました。

Bluetooth機能の確認Windows10

windows 10などでBluetoothがサポートされている場合でも、Bluetoothトランスミッターが無いと接続されないPCもあります。BluetoothトランスミッターはUSBタイプのものが販売されています。

PLANEX Bluetooth USBアダプター Ver.4.0+EDR/LE(省エネ設計)対応 BT-Micro4

パソコン接続できない場合

モバイルデバイスに最適化されているJabra elite85tはBluetoothがサポートされていないWindows7などのコンピュータの場合は接続が出来ません。

jabra elite 85tイヤーピースが合わない場合は

S・M・Lサイズのイヤージェルが梱包

jabra elite 85t イヤーピース 合わ ない場合は耳から外れて落ちる可能性がありますので
イヤージェルを耳に合ったものに取り替えましょう。

 

梱包にはS・M・Lサイズのイヤージェルが梱包されています。

低反発イヤーピースの代表格・COMPLYから、Jabra Elite 85t用のTrueGrip Proというのがあります。
Comply(コンプライ) TrueGrip Pro Jabra 85t 対応 完全ワイヤレス イヤホン向け イヤーピース Sサイズ 3ペア 遮音性/フィット感/脱落防止 HC37-22101-01

Jabra Elite 85t用のTrueGrip Proのおすすめポイント

・しっかり耳にフィットして外れにくい
・音質とノイズキャンセリング機能が向上する

というスグレモノです。
耳に入れて、体温でフィットするというスグレモノなので標準イヤーピースでイマイチだった方もフィットして外れにくいTrueGrip Proを使ってみるのもおすすめです。しっかり耳にフィットできるので音質も向上、ノイズキャンセリング一段と効くようになります。

ジャブラ elite85t 使い方

ジャブラ(jabra)elite85tレビュー

ジャブラ elite85t アクティブノイズキャンセリング機能

左のイヤホンの物理ボタンを1回押すごとに
・オフ
・フュチャー(会話)
・ANC(アクティブノイズキャンセリング)
と3つのモードが切り替わります。

jabra elite 85t 通話

jabra elite 85t マイク性能

マイク性能の向上で通話機能もアップしています。
左右のイヤホンを独立させてモノラルでの音楽再生と通話に右のイヤホンを単独で使用することが可能です。
このような様々な通話機能はマニュアルを御覧ください。

jabra elite 85t リセット方法

jabra elite 85t イヤホンのリセット

・ペアリングしたデバイスのリストを消去したい
・すべての設定を消去してリセットしたい
1.左右のイヤホンを充電ケースに入れる
2. ケースを開けたままでイヤホンの左右ボタンを同時に 10 秒間長押し。
3. イヤホンの LED が紫に点滅
4 充電ケースのフタを 5 秒間閉じる
リセット完了

jabra ワイヤレス イヤホン 比較

前任機種の75tも85tの発売を受けて価格を下げての販売となっていますが具体的にどこが違うのか比較してみました。

jabra elite85t 75t 比較

jabra elite75tjabra elite85telite85tの特徴
スピーカーサイズ6mm12mm最も大きなポイント
音の迫力が違います。
ノイズキャンセリングANCJabra Advanced ANCノイズキャンセリングも
大きく進化
充電ケース寸法62.4 x 36.6 x 27.0 mm(35g)64.8 x 41.1 x 28.5 (45.1g)ワイヤレス充電で少し
大型化
イヤホン寸法(重量)21.9 x 19.4 x 16.2 mm(5.5g)23.1 x 19.0 x 16.2 mm(7g)重量がアップ
ずっしり感があります
マイクDual MEMS6-microphone technology6個のマイクで性能アップ
通話中のノイズを低減
バッテリー最長5.5時間最長5.5時間
参考価格15000円前後25000円前後

やはり音とのノイズキャンセリング機能でjabra elite85tの圧勝と言う感じです。75tも価格が下がりコスパは良くなっています。機能と価格差をどのように見るかですね。

jabra elite85tより約1万円安くてコスパの高いjabra elite75tこちらは更に ¥

Jabra ワイヤレス充電対応 完全ワイヤレスイヤホン Elite 75t チタニウムブラック IP55 Bluetooth® 5.0 マルチポイント対応 2台同時接続 最大8台ペアリング登録 専用アプリ 音質カスタマイズ マイク付 【国内正規品/最大メーカー2年保証付き】

jabra elite 85tの片耳 購入はできる?

jabra elite 85tの左右片方のイヤーパッドをなくした場合
左右片耳だけ購入することは可能なのでしょうか?

イヤーパッドは、セット単位になっているので異なるイヤーパッドのペアではうまく機能しないことが考えられます。Jabra のワイヤレスイヤーパッドはペアでのみ販売されているのでjabra elite 85tの片耳 購入は出来ません。

ただし充電ケースはそのまま使えるのでjabra elite 85tの左右のイヤーパッドでケース無しで購入するのがいいでしょう。
※残念ながら残った片方は使えません

jabra elite 85t 不具合の場合は?

jabra elite 85t 不具合ですが、初期不良としてノイズや電源などの不具合が報告されているケーズがありました。
パソコンなども一定の割合で不具合が出るのでjabra elite 85t 不具合も否めないですが、不具合があった場合はJabraサポート経由でメーカーとしてちゃんと交換をしてくれますので心配は不要です。

その場合でも
・ファーム上ぁのバージョンアップ
・充電ケースのリセット
・本体のリセット

などの確認指示があるようです。
これらの措置をしても不具合が改善できないなら無償交換ということになるようですね。
交換の際には購入日付のあるレシートなどが必要になるので捨てずに取っておきましょう。

まとめ

実際、ジャブラelite85tを購入して使ってみてコレは素晴らしい商品ということが実感できました。イヤージェルの装着感がイマイチなところが気にはなりますが機能自体は申し分ありません。価格もお手頃です。ワイヤレスイヤホンならおすすめの商品です。

タイトルとURLをコピーしました